TOP 製品のこだわり 茅沼順子薬局 よくある質問 会社情報
よくある質問

今まで漢方薬、生薬、ハーブを売る薬局だったのに、なぜ、保険調剤を始めたのですか?

化粧品、漢方薬と同様、お客様のために始まりました。
もともと漢方薬局ですらも始めるつもりがなかったカヤヌマでした。
しかし、カヤヌマコスメで肌トラブルが解消したお客様からの要望で、健康相談を受け、漢方薬を用いたセルフメディケーションをお勧めしたところ、漢方薬を手軽に1日分から購入できるところがなく、お客様たちが困りはてていました。

その理由から、お客様のために、カヤヌマが漢方とハーブを中心とした、薬局製剤許可を持つ薬局を開局することになりました。その際に開局する薬局が、一切の医療機関と無関係であるということが、かえって保健所から疑われ、開局に苦労をするということもありました。
(薬局が隣接する医療機関等と癒着していると、医薬品の処方などを薬剤師が公正に管理できなくなり、保険医薬品の適正使用の妨げになるため、薬局開局許可を与える際に、表向きには、薬局がクリニック等と無関係であることを確認されるからです。しかし、そういう医療機関と無関係なクリーンな薬局は、現実には稀有といえます。)

その後、お客様たちには、ますます「健康がくせになる」という生活を送れるようになり、ご満足いただいていましたが、新規のお客様たちのなかには、保険調剤の医薬品を服用している方もおいででした。
そういったお客様たち自身やそのご家族のために、保険調剤医薬品についての質問や副作用の相談をじっくり相談できる薬局がない、とのことで茅沼順子薬局に相談するというケースが増えてまいりました。

もともと、大きな総合病院での特殊な処方調剤などを経験していたこともあり、処方箋調剤経験も十分あるカヤヌマでしたが、保険調剤に大きな問題を感じていたため、一切保険調剤を受け付けていませんでしたが、患者さんの立場にたった親身の健康サポートをする薬局の少なさを痛感し、また、副作用や薬の不適切な服用によりますます疾病を悪化している患者さんたちがいらっしゃることを目の当たりにし、微力ではあるけれども薬剤師として患者さんの健康に貢献したい、と保険調剤処方箋受付開始を決意しました。
一言で説明するとしたら、患者側が真のセルフメディケーションが出来るようにと、理想を追い求めた結果生まれた薬局ということになります。

化粧品の研究を始めるようになったきっかけを教えてください。

薬剤師として調剤薬局に勤務していたカヤヌマが、医師が処方した軟膏やクリーム、ローション、などを正しく使用しても肌トラブルが改善されない、時には悪化することさえあるという現実に、大きな疑問を感じ研究を始めたのがきっかけです。原因の1つにクリームや軟膏のベースとなる「基剤」が大きく関係すると考えるようになり、化粧品の原料についても本格的に研究し、今までになかった安全できれいになれる化粧品を開発しました。

処方箋を持参しての、健康サポートをしてもらえるということですが、具体的には、どのような感じなのですか?

まずは、お薬手帳と共に処方箋をご持参ください。(あるいは、処方箋を出されたら、携帯で画像を取りメールで送信いただくか、ファックスで処方箋を薬局宛にあらかじめ送付していただいておくと、後でお時間をとれる時にお越しいただいた際にすぐお渡しが出来ます。また送信の際に、症状や気になることなどをあらかじめコメントで添えていただいておくと、よりきめ細かなアドバイスが可能となります。)
薬お渡しの際に、茅沼順子薬局へ来局前までの過去の服用薬歴を記録します。患者さんの時間がある場合は、患者さんの薬服用状況や、併用薬、コンプライアンス、だけでなく、店頭でお買い求めいただいた一般薬や、ハーブ、肌ケア用品データ、お食事の情報などについても、その場で記録します。(お時間がない場合は、後でメールなどでのご報告をいただいても構いません。)また、お薬を漢方に切り替えていきたいなどのご希望があれば、保険調剤の漢方薬、あるいは生薬の漢方薬どちらでも、アドバイスと対応が出来ます。

帰宅後や、服薬を終えた後、後日気になること、一般薬との飲みあわせの質問など、メールやファックスでお問い合わせいただくことにより、患者さんのデータをもとに健康サポートが出来ます。

また薬局には、相談コーナーもございますので、直接御来局いただいてのサポートも可能です。

今までの調剤薬局と違う点は?

@患者さんの立場で、減薬を希望の方には、患者さんの健康がクセになるように、ハーブや漢方などの情報も含めてお手伝いいたします。
A保険調剤薬の情報だけでなく、充分セレクトした一般医薬品、漢方薬、アロマオイル、ハーブ、スキンケア用品、健康食品、ビタミン剤など多岐にわたって精通している薬剤師、登録販売者が対応し、健康サポートをいたします。
B患者さんのご希望により、相談コーナーで、詳しい医薬分野資料などを直接ご覧いただきながら、説明を行うことができます。
C漢方薬を扱う薬局ですが、健康がくせになるよう、一日分からの販売をしています。お客様のナチュラルなセルフメディケーションをサポートしています。

【重要なお知らせ】
現在メールサーバーの不具合により、Gmailアドレスからお問合せを頂いたお客様へのご返信ができない状態となっております。
他のメールアドレスでの不具合は今のところございません。Gmailをご使用の方には大変ご不便をおかけいたしますが、他のメールアドレスからのお問合せをお願い申し上げます。
何卒ご理解ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。
mail